Column

慶応ラクロス部・海外遠征を経て~彼女たちが見たグローバルスタンダード

今秋、Under Armour/DNS womans 契約チームの慶応義塾大学ラクロス部女子が、2年ぶりとなる米国遠征を行った。ラクロスという競技がスポーツ文化として根付く国の地で感じた世界基準とは?彼女たちがリアルな体験をリポートする。

アプリ人気No.1はスナップチャット チームガールたちのSNS事情

学生の人気アプリは、スナップチャット、インスタ、ツイッター、ヴィスコ。
私たちとSNSの流行りは変わらない。
中でもUSA のチームガールに人気No.1 なのはスナップチャット。
近況など“今”の出来事はお手軽にスナチャにアップ。
また、インスタにはチームのアカウントもある。
日本の場合だと、フェイスブックやツイッターがその役割を担うけれど、インスタも貴重なチーム情報の発信ツールとなっている。
フォロワー数の多さにも驚いた。
そのすごさを物語る出来事があった。
ジョージワシントン大学の選手たちと集合写真を撮影したら、ある一人の選手が自身のインスタにその写真をアップした。ものの30 分も経たないうちに100 人を超える 「いいね!」。情報共有のスピードと浸透ぶりにさらに驚いた。
ちょっと悲しかったのは、インスタに私たちのことを国旗と共にアップしようとしてくれたとき、日本の国旗がどれかわからないと言われたこと。
日本をもっと知ってもらうには、強くなるしかない!

1
TOP