Column

KellyのI WILL WHAT I WANT STORY

鍛えることで身体と気持ちが変わり、私は覚醒した

私はこれまで、鍛えることで壁を乗り越えてきた。

15歳で日本に来て、憧れていたモデルの道に進むと決めた。
でもこの世界は、決して私を「ありのまま」でいさせてはくれない。

「成功したいなら、もっと痩せなきゃだめだよ」

そう言われ続けた。
そしていつしか、太っている自分を激しく憎み始めた。

子供のころから、運動嫌いだった私。
毎日キャベツしか食べない。
そんな奇妙なダイエットを試しては、挫折を繰り返す。
18歳のあのころは、今思うとすべてが甘かった。

やりたいことには近づけず、
やっと手にした仕事も続かずに、手のひらからこぼれ落ちていく。
目の前は真っ暗。未来は何も見えない。
モデルの道はもう、諦めよう。
何度もそう思った。

でも、諦めきれなかった。

変わりたい。
私は、自分をポジティブな気持ちにさせてくれるものを探した。

巡り合ったのはキックボクシングとヨガ、そしてトレーニング。
身体を動かし、鍛えることがこんなに楽しいなんて、思ってもいなかった。
ボディラインにはメリハリが生まれ
ネガティブだった気持ちが、明るく晴れていく。
いつの間にか自分が好きになり、
やりたかった仕事が、どんどん決まっていった。

そんな経験があったから、私は今、頑張れる。

壁にぶつかった時には、イメージすればいい。
大きな壁の向こうに待っている、素晴らしい世界のことを。

「もう、これ以上はできない」

心がそんな悲鳴を上げても、関係ない。
なぜなら、私は知っているから。
この試練を乗り越えれば、夢にまた一歩近づけることを。
世界レベルのモデルという、ずっと抱いていた大きな夢に。

1
TOP