Interview

ラグビー女子日本代表・鈴木実沙紀「強い気持ちを持って、流れを変えられる選手になる。」(Part.3)

ラグビー女子日本代表・鈴木実沙紀選手インタビュー(Part.3)

15人制と7人制のラグビー女子日本代表選手で、リオ五輪とワールドカップという二つの大きな目標を追いかける鈴木実沙紀。彼女は現在、関東学院大学ラグビー部で男子部員とともに激しい練習の日々を送っています(2015年9月卒業予定)。最終回となるPart. 3では憧れの女性像、そしてこれからの目標などについて、話を聞きました。

■自分がやる、という強い気持ちで、厳しい状況を変えられる選手に。

--鈴木選手にとっての、憧れの女性像とはどのようなものでしょうか?

「大事だと思っているのが、自分の中にしっかりとした軸があること。でも柔軟性もあって、明るくよく笑う。そんな女性に憧れます。憧れる方はたくさんいるのですが、シンガーのAIさんが大好きなんです。音楽番組を見ていると、トークでは明るく楽しい感じなのに、歌う時は一気に、カッコよくセクシーなモードに切り替わる。そこが本当にすごいと思いますし、私もラグビーをする時はそうやって切り替えていきたいです。

 アスリートでは、バレーボールの荒木絵里香選手。以前、お話させていただく機会があり、今も気にかけて下さっています。荒木さんはオリンピックでメダルを獲ることの厳しさをよく知っている方。メダルを獲るためには生活も含めて、すべてを賭けなくてはいけない。その揺るがない覚悟があるところに人間としての強さを感じますし、すごくカッコいい。

 楕円のラグビーボールは常に、どっちに転がるかわからない。こっちに転がってくれるか、あっちに転がってしまうか。それを自分の元に引き寄せるには、ラグビーだけではなく私生活も大事です。ラグビーを毎日頑張るのは当たり前。その上で勉強をおろそかにしたり、周りの人を大切にしなかったりすると、ボールは決して自分の方に転がってくれません。

 大切なのは『自分がやるんだ』という強い気持ちだと思います。それがないと、国際試合の厳しい状況で流れを変えられる選手には決してなれない。荒木さんはまさに、流れを変えられる選手。私もそういう選手になりたいし、ならなきゃいけない」

■5年後に桜のジャージを着るために、プレーも人間性も磨き続ける。

--現在はワールドカップを目指す15人制と、リオ五輪を目指す7人制の両方で戦っています。

「今の目標はまず、あと半年弱で予選が始まる7人制のリオ五輪。そして15人制でも、今年の国際試合の成績によって、来年のワールドカップ予選に行けるかどうかが決まります。今はアジア枠がなくなってしまったので、ワールドカップに出るためにはアジアのトップ2チームに入り、他の地区とのプレーオフで勝ち上がる必要があります。アジアのトップに入るためにも、今年~来年の試合はとても大事。リオを目指しながらも、並行して活動していくことになります」

--それぞれの日本代表で活動することに、難しさを感じることはありませんか?

「もともと15人制から始めたので、15人制は本能的にできちゃいますね。その点、7人制は考えながらやらないといけなくて、勉強が必要。でも、どちらも楽しくて好きですよ。

 私のポジションはどちらもフォワードですが、同じフォワードでも15人制と7人制はプレーがぜんぜん違う。15人制はあらゆる局面でコンタクトがあり、スクラムもしっかりと押さなくてはいけない。7人制はその点、動きはほとんどバックスのようなもの。違いすぎて、切り替えは逆に簡単ですね(笑)。その点では、バックスの方が難しいかもしれませんね。ただ、15人制で身につけたものは7人制で生きるし、逆も同様。それぞれで頑張ることが、それぞれのプレーの質を上げることにつながります」

--今目指しているリオ五輪そしてワールドカップの先には、東京五輪があります。

「今は23歳なので、2020年は28歳。年齢的に一番いい時なので、ぜひ出たいです。東京で試合ができれば、いろいろな方が応援に来てくれるはず。みんなの前でメダルを獲ることは、今まで教えて下さった方、励まして下さった方への恩返しになるはずです。

 5年後には、きっと下からいい選手がたくさん入ってくるでしょう。そこで桜のジャージを着ているためには、私自身がもっといい選手にならなくてはいけない。それと同時に、後輩に『こういう選手になりたい』『この人と一緒にプレーしたい』と思ってもらえるよう、プレーも人間性も磨かなくてはいけません。そして2020年には、社会人としても一人の女性としても、しっかりと自立していたい。女子ラグビーをもっと広めたいので、選手だけでなく、管理栄養士としても普及に関わっていけたらと思っています」

1
TOP