Interview

ラグビー女子日本代表・鈴木実沙紀「強い気持ちを持って、流れを変えられる選手になる。」(Part.2)

ラグビー女子日本代表・鈴木実沙紀選手インタビュー(Part. 2)

15人制と7人制のラグビー女子日本代表選手で、リオ五輪とワールドカップという二つの大きな目標を追いかける鈴木実沙紀さん。彼女は現在、関東学院大学ラグビー部で男子部員とともに激しい練習の日々を送っています(2015年9月卒業予定)。Part. 2では、世界で戦う上での課題と身体作り、そしてオフの日の過ごし方などについて、話を聞きました。

■自分の弱みを理解して、そことしっかり向き合う。

--鈴木選手は15人制と7人制、それぞれの日本代表として世界で戦ってみて、今、自分に必要なものは何だと感じていますか?

「そうですね…、15人制では特に体格、パワーの差を感じますね。海外の選手はやはり大きいです。そして7人制では、スピードがもっと必要だと痛感しています。世界を見ると、自分のプレーを変えなきゃいけないと思いますし、トレーニングで足りない部分を補っていかなくてはいけませんね。自分の弱みを理解して、そことしっかり向き合うことが大事。

 世界の強豪チームでは、日本の大きな選手がサイズ的に平均レベル。しかも私は日本人の中でも小さい方です。身体の大きな選手に正面から当たっていくと、負けてしまう。だから、当たる時にはポイントを微妙にずらす必要があり、その時の足の運び、細かなステップワークが大事。そこをとにかく磨いていきたいと思っています。

 確かにサイズが小さいことは不利ではありますが、小さいからできるプレーもある。そして日本代表はボールのハンドリングやプレーの器用さでは、世界の中でも高いレベルにある。それを、ハードなコンタクトが伴う状況でも、発揮できなくてはいけません。そして運動量。サイズがない分、1人が1.5人分、2人分の仕事をしなくてはいけない。運動量を上げることは必須ですね」

■食事はなるべく自炊。それに加え、サプリメントも積極的に。

--鈴木選手の現在の1日のスケジュールを教えていただけますか?

「まず午前は、授業の合間に週4日、ウエイトトレーニングを行います。そして授業が終わり、16時半ごろからがグラウンドでの練習。だいたい19時から30分ほどやりますね。そしてその後に個人練習もありますので、かなり忙しいです」

--食事に関する心がけなどはありますか?

「今は寮住まいで、他の女子選手と後輩二人と一緒に生活しています。食事は男子寮で摂ることもできますが、私は健康栄養学科に在籍して管理栄養士の資格を取得することを目指しているんです。だから、忙しい時以外はなるべく自炊。栄養バランスのいい食事を朝昼晩と摂ることは当然ですが、果物をなるべく食べてビタミンを摂取するように心がけています。

 ただし、必要な栄養をすべて食事から摂るのはなかなか難しく、ビタミン類も果物から摂れる量は限られています。筋肉も修復しなくてはいけないので、サプリメントに助けてもらっています。普段からマルチビタミンを摂り、練習前にBCAA。ウエイトトレーニングと練習の後にプロテイン。プロテインは生理中に貧血になりにくいよう、鉄分入りのホエイフィットプロテインを飲んでいます。味がすごくおいしいので、男子部員に飲ませてみたらほしがっていました(笑)。そして、プロテインと一緒にグルタミンも。グルタミンは筋肉の修復が速くなると聞いていますし、筋肉が大きくなる気がしています。

 あとは何といっても、練習後のR4ですね。めちゃくちゃいいんですよ! 以前使わせていただいたら、すごく身体が軽くて。1日3~4試合を2日間こなすのですが、1日目が終わって飲んで次の日に起きたら、いつもは身体がバキバキなのにとても軽い。それ以来、R4は試合や合宿でいつも使わせてもらっています。今はこれがないと無理です」

■泥臭いラグビー選手であっても、女性らしくいる時間を忘れない。

--ところで、練習がオフの日はどのように過ごしているのでしょう?

「私が在籍している健康栄養学科は、1学年120人の中で男子は10人弱。女性ばかりなんです。オフになると、ラグビーとはまったく関係のない友達の女の子達とよく遊びますね。結構はっちゃけてぱーっと元気に、騒がしくやっています(笑)。

 オフの過ごし方は、一人でも充実した時間を過ごせて、友達といればもっと楽しい、みたいな感じが理想(笑)。友達には、私といると楽しいと思ってもらいたい。だからオンは集中してカッコよく頑張るし、オフはリラックスして明るくいたい。友達とは『社会人になって時間ができたら、どこか海外に行きたいね』とか、他愛もないことを普通に話していますよ。

 ラグビーをするオンの時間はしっかりとスイッチを入れるけれど、大学の中ではきちんと勉強するし、遊びます。オフはもちろん化粧をちゃんとしますし、おしゃれもしますよ。いつもボーイッシュなファッションではなく、内面的にも外見的にも美しさを意識する時間を作ることを心がけています。スポーツをやっている=常にボーイッシュ、というのはちょっと違う。髪も伸ばしたいし、時間があれば雑貨のお店にも行きたい。私、香り物が大好きなんです。特に、加湿器にアロマオイルをたらしてリラックスするのが好きで…やはり、オフはオフで楽しまないと」

--そういう時間があるからこそ、ラグビーにも打ち込める。

「ラグビーって男性的で泥臭いスポーツ。だからこそ、オンとオフの切り替えが大事だと思います。特に7人制は1日に何試合もするので、1日中気を張っていると疲れてしまう。だから、試合と試合の間はリラックスしながら、直前から気持ちを切り替えることを意識しています。日常生活もそう。今はラグビーする時、今は楽しく友達とご飯食べてリフレッシュする時、というように、メリハリをつけることが大切です」

1
TOP