Interview

高野人母美コラム「BODY PROVES EVERYTHING  ~身体は、すべてを物語る」

Vol.1「自分との約束。」

私は、自分を人と比較することを決してしません。だから、誰かを目標に何かをすることはないし、憧れの女性像もありません。そういうことは、いっさい考えない。

だって、いくら「誰かみたいになりたい」と考えても、本人になることは決してできませんから。自分はいつも自分でしかない。

でも私の中に「理想の自分」はあります。そしていつも、それに近づきたいと考えています。自分自身の理想、100%の自分を常に想像し、毎日すべきことに取り組んでいます。

大事なのは、自分との約束。例えば、毎日必ず腹筋を30回すると決め、それを守っていくことです。

約束をしても、他人には裏切られることってあります。それは自分ではどうにもできません。でも、自分との約束を裏切らずに続けられるかは、自分次第。

身体作りもボクシングも、結局は孤独な世界です。自分との約束をどれだけ守れたか。それはすべて、身体に表れる。身体は決して嘘をつきません。

もちろん私にも毎日必ずやる、と決めている自分との約束事があります。

例えば自宅で、足上げ腹筋を100回~1000回、必ずやります。あとは、歯磨きの時にはスクワットをすることも決めています。回数は日によって違いますが、例え少なくても、決めたことは必ずする。それが、自分との最低限の約束事です。

私の性格をひと言で表すと「ザ・適当」。でも、これだけはやらないとアスリート失格だと思っています。プロとしてリングに立つ以上、自分との約束を必ず守る。それが私のスタイルです。

1
TOP