【イベントレポート】W-EVOLUTION×DNS womanワークアウト ~筋肉は美しい~

「無理だと思ったらやめてもいいけれど、本当に無理なのか自分に聞いてみて!」

10月12日、ティップ.クロスTOKYO 新宿で、W-EVOLUTION×DNS womanワークアウトイベントが行われた。

スタジオ内に響き渡る伊賀IRの言葉。すると「もうここまで...」と諦めかけた心が奮い立ったのか、多くの参加者が「まだまだ、いける」とばかりに再度、限界にチャレンジ。

筋肉のある美しい身体を目指し、トレーニングに励む女性達に向けた今回のイベントには48名が参加。アンダーアーマー・アドバイザリーインストラクターである宇津城久仁子IR、伊賀真奈美IR、田淵美菜子IRによるトレーニングレッスンが90分間行われた。

レッスンは宇津城IRによる、コア部分を中心としたインナー系筋トレからスタート。序盤、参加者達からは余裕の笑顔も。だが伊賀IRパートになると、雰囲気は一変。ストイックに追い込むべくお尻、二の腕、お腹にフォーカスしたエクササイズの連続。無言の厳しい時間が続く。そして、最後は田淵IRによるストレッチとクールダウン。レッスン後にはプロテインを参加者全員で摂り、イベントは終了。

「筋トレがメインのレッスンは少ないので楽しみでしたが、期待以上でした。私は週4回、筋トレやキックボクシングなどのトレーニングをしていますが、かなりハードでした。でも、たくさんの気づきがありました」

「女性だけのワークアウトイベントだったので、興味があり参加しました。普段はエアロビクスなど有酸素系のエクササイズはやっていますが、筋トレはあまり経験がなく、やはり必要だと感じました。かなりきつかったけど、最後までできて自信にもなりました」

参加者に感想を聞いてみると、このような声が。特に「きつくて、もうダメだと思った」という声が多く聞かれたパートを担当した伊賀IRは、イベントを振り返ってこう話す。

「今回は、きつい筋肉痛が出るぐらいのレッスンを、『自分がこうなりたい』という強い意志と目標を持ってやってもらえたら、と思っていました。次の日に筋肉痛を感じるということは、筋肉をちゃんと使えていたということ。トレーニングの成果を実感できるし、意志を貫けたという自信につながる。痛みなしでは、変われないんです。

それともう一つ大事なことが、トレーニングとプロテイン摂取は常にセットだということ。トレーニングが終わったら、すぐにプロテインを摂ることです。プロテインは必要な栄養素をしっかり摂ることができるので、スポーツをする女性には必須のサプリメントだということを、もっと多くの女性に知っていただきたいですね」

筋肉のある美しい身体を作るには、時には痛みや苦しみを味わうことも必要。その痛みと苦しみを超えるための強い意志、そして正しい知識があれば、目指す場所により早く近づける。そんなことを気づかせてくれた今回のイベントだった。

TOP