「節目でもあり、ステップアップへの扉」 高野人母美選手、初のタイトルマッチへ

プロボクサーでありアンダーアーマー/DNS womanの契約アスリート、高野人母美選手が6月10日(水)後楽園ホールにおいて、OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王座決定戦で同級2位のノーンブア・ルークプライアリー(タイ)と対戦する。

今回はスーパーフライ級から2階級上げたスーパーバンタム級にて、プロ9戦で初のタイトルマッチに挑む高野選手から、以下のコメントが届いた。

「今回は東洋太平洋タイトルマッチということで、プロボクサー、アスリートとしての一つの節目になります。今までボクシングをやってきて、認められるためにもタイトルは必要不可欠。節目であり、ステップアップに向けた扉とも考えています。

正直、初の階級のため課題は山積みでした。スーパーフライ級から2階級上がりますので、相手のパンチ力もその分だけ増しますし、スタミナも増すでしょう。自分のスタミナや2階級上がった上でのフットワークなど、不安も多々あります。でも今回は、左のジャブを徹底的にトレーニングしてきました。左で相手の侵入をブロックし、試合を通して集中を保ちながら戦いたいと思います。

プロに転向してから、ずっと夢見てきたタイトルです。何が何でも獲りたい。女子アスリートの認知をさらに高めるためにも、必ず勝ちます。皆様、ぜひ期待して下さい!」

勝利すれば、世界タイトル挑戦も視野に入る大切な一戦。磨き上げた左ジャブを駆使して、世界への扉をこじ開けてほしい。

TOP