【高野人母美選手、努力が実を結んだ完全勝利】

アンダーアーマー/DNS WOMAN 契約アスリートの高野人母美選手が、10月15日、東京・後楽園ホールにて行われた自身プロ7戦目となる女子ボクシングスーパーフライ級6回戦に臨みました。

news4_001.jpg
試合当日、高野選手は、アンダーアーマーのオリジナルセットアップウェアを身にまとい、いざ、リングへ。試合は、プレッシャーからか序盤、動きに固さが見られましたが、3回から徐々に自分のリズムに持ち込むと4回には相手を後退させるほどの連打を浴びせて、見事TKO勝ちをおさめました。

news4_002.jpg

前回の6月の試合ではプロ初黒星を喫し、高野選手にとってはこの試合が再起戦。試合を迎えるにあたって、「前回は最後まで戦い抜くためのスタミナがなく、自分の中に甘えもあった。そういう部分を変えていかなければいけない。すべてをかけて試合に挑みたい」とスタミナ強化を課題にあげ、第6戦の敗戦翌日からドームアスリートハウス(DAH)に通い、スタミナ強化に励みました。また、毎試合、難関となっていた減量も管理栄養士の指導の下、食事とDNSサプリメント摂取を徹底して無事にクリア。そんな高野選手の数々の努力が"勝利"という形で実を結びました。

試合後、「6月の試合の敗戦は、自分を追い込むきっかけを与えてくれました。そのことによって今回の試合では目標が明確になり、自分自身との戦いも経験することができました」と高野選手は振り返りました。

この勝利によって高野さんはA級ライセンスを取得。更なる高みを目指す挑戦が続きます。「目標はチャンピオンベルトを獲得すること。だけど、目の前の試合を確実に勝って一歩一歩、進んでいきたい。今回の試合で、努力をすれば結果が出ると実感したので、諦めない気持ちを大事にして取り組んでいきたい」と笑顔で締めくくりました。 

強さと美しさ、時には斬新なパフォーマンスで周囲を楽しませてくれる高野選手を株式会社ドームはこれからもサポートして参ります。

TOP