続けるということ【AKI】

初めまして。W-EVO編集スタッフのAKIです。

あっという間に2016年も半年を過ぎましたが、いかがお過ごしでしょうか。
皆さんは年始に立てた目標に向けて、順調に進んでいますか。

私はここ2年ほど「最低でも週に2回はトレーニングをする」と決め、ジムでトレーニングをするように心がけています。読者の皆様にはもっとトレーニングされている人もいるでしょうし、確かに、まだまだひよっ子かもしれません。でも今日はあえて、一般女子として思うことをお伝えしたいなと思います。

W-EVO編集部の中で「まずは自分達から変わらなければ」という話がたくさん出ていたこと。それが、私がトレーニングするようになったきっかけ。でもやり始めても、これがなかなか続かない...。何とか半年、1年と経ったころ、ようやく、トレーニングすることが生活の一部になってきました。

仕事が忙しいと、どうしても週2回の目標さえ果たせない時があります。それでも、心のどこかでトレーニングのことが頭をよぎるようになりました。そして何より、30代半ばになると、あっという間につくお肉...。朝起きれない、忙しくてできない、など言い訳はたくさんあるけれど、自分に負けない、おいしいご飯をたくさん食べたい。そんな思いで続けてきました。

いい機会なので、あらためて、トレーニングするのはなぜだろーってことを考えてみました。

① 単純に気持ちがいい
朝の静かな環境で、朝日を浴びながらゆっくりと眠っていた体をストレッチ。すると、自然と体が目覚めていきます。
嫌なことがあっても、終わったころには忘れられる。人って意外と単純です。
続けていれば自然と体が変わってくる。「なんか変わったね」と言われると、心の中でガッツポーズ。姿勢も自然と変わってくる。



② 向上心が生まれる。
ある人のブログに「筋トレは、今の自分よりも明日の自分をよくしていくための努力です。常に自分の成長を楽しんで生きている人に悪い奴はいませんよ。悪い奴は自分の向上心がないから、人に嫌がらせとかしちゃうんです」と書かれてました。
実際トレーニングしていると、本当にその言葉が響きます。
人と比べててもいいことないですからねー。とにかく目の前のメニューに、毅然とした態度で立ち向かうのみ。



③ 身体が変わる、心が変わる
週1回のトレーニングや、3か月集中のトレーニングでは効果ってなかなか出ない。でも続けていれば、ちょっとやそっとでは太りにくい身体になっていきます。足や二の腕がすっきりしてくると、かっこいい服を着たくなります。おしゃれしたくなります。
そして何より、これまでできなったことができるようになると、本当にうれしいです。

とまあ、いろいろ考えてみましたが、続けることって難しいし、習慣化することって決して単純ではありません。
でもまずは半年間、何かを続けてみて下さい。絶対、身体はそれに応えてくれます。

一緒に、残り半年を頑張りましょう!

TOP