トライアスロンシーズンを振り返って【Karen】

はじめまして!W-EVOLUTION編集スタッフのブログを始めました。
ここでは私たちのAthleticな日々を紹介していきます!

第一回目は趣味がトライアスロンのKarenからです。
トライアスロンは学生のころからずっと憧れており、3年前に1人で大島トライアスロンに申し込んだのが始まりです。それまではマラソンレースをゆるく走るぐらいしかしておりませんでしたが、トライアスリートへの憧れは年々膨らみ「私もああなりたい!!」という思いが爆発したのが3年前。当時はクロールもまともにできず、プールに一人で練習に行っては水の中でパニックになったりしていましたが、今では落ち着いて泳げるようにまでなりました。
今年参加した大会は3つ:新島トライアスロン、沼津トライアスロン駅伝、そして名古屋セントレア70.3アイアンマン。無事全レース完走する事が出来ました

新島トライアスロン:SWIM 1.5km, BIKE 40km, RUN 10km
新島は離島での大会のため、島の方々が温かく受け入れて応援をして下さったりと、素晴らしい雰囲気の大会でした。


参加者はバイクをフェリーで輪行。

沼津トライアスロン駅伝:S 0.5km, B 20km, R 5km
「自分との戦い」というイメージが強いトライアスロンですが、これは3名1組のチーム対抗戦。チームメイトや仲間を応援できる、とても楽しい大会です。


バイクもセットアップ完了!


第一走がスタート!

名古屋セントレア70.3アイアンマン:S 1.9km, B 90km, R 20.1km
このレースはこれまで参加した大会の中で最も距離が長く、完走を目標にしていた大会!


番号も書いてもらいました!


スイムは年齢別にキャップの色で分けられ、ウェーブごとにスタート。この待ち時間が結構緊張します。


バイクはとにかく長かった...。


バイクは制限時間ギリギリで通過。ランも足がもつか不安ばかりでしたが、無事完走! 自分の壁を超えた瞬間をしっかり身体で感じ、終わった瞬間は感極まって涙がボロボロ...。初めてレースを完走して泣いた、達成感が半端ない貴重な体験でした。


レース後の空。 達成感に満ち溢れた、本っ当にすがすがしい夜でした。
始めは踏み入れるのが怖い世界でしたが、一つ一つ課題を明確にしてトレーニングと準備さえちゃんとすれば、不可能ではないことに気づきました。
また、多くの方がチャレンジしていることに、いつも力づけられています。今では多くの仲間もでき、皆で大会に向けて練習をしています。
来年の目標はアイアンマン完走! 今からしっかりトレーニング頑張ります!

次回をお楽しみに!

TOP